初心者でもAndroidアプリ開発を1から学習できる1日集中入門セミナー。

Androidエミュレータの設定

1.1.Androidエミュレータの設定

ここでは、Androidエミュレータ(Android Virtual Device)の設定と起動をおこないます。

Androidエミュレータとは、実際のAndroid端末と同じ環境のものをPC上で実現するソフトウェアです。

実機を持っていなくても、エミュレータを使用することでAndroidアプリケーションの動作確認をおこなうことができる大変便利なものです。

ただし、エミュレータでは表現できない機能(加速度センサーなど)があり、エミュレータの中で使用できない機能の動作確認はAndroid端末実機が必要になります。

ここでは、Android SDKのインストール時にダウンロードしたツールを使用し、エミュレータの設定と起動をおこないます。

1.AVDマネージャーの起動

まずはAndroid Studioのプロジェクトを作成し、編集画面の以下の部分をクリック(またはメニューから「ツール」>「Android」>「AVD Manager」を選択)します。

Android-Studio-emulator01

クリックすると以下の画面が表示されます。「Create a vitual device」をクリックして下さい。

Android-Studio-emulator02

AVD Managerを起動した時に以下の画面が表示される場合がありますが、こちらの場合も同様に「Create a vitual device」をクリックして下さい。

Android-Studio-emulator03

2.エミュレータの設定

以下の画面が表示されます。ここからエミュレータの設定をおこないます。

ここではエミュレータとして使用するデバイス(端末)を設定できます。「Nexus5」を選択し、「次へ(N)>」をクリックします。

Android-Studio-emulator04

以下の画面が表示されます。この画面ではエミュレータのAndroidバージョンを設定することができます。使用したいAndroidバージョンがない場合は、Android SDKのインストールページから使用したいバージョンをインストールする必要があります。

ここでは、Release Nameが「Lolipop」、Targetが「Android5.1.1」のバージョンが選択されている状態で、「次へ(N)>」をクリックします。

Android-Studio-emulator05

AVDの詳細設定をおこないます。画面左下にある「Show Advanced Setting」をクリックします。

Android-Studio-emulator06

設定の詳細画面が表示されます。以下の表を参考に各項目の設定をおこなってください。設定が完了したら「終了(F)」をクリックします。

※ 赤い枠で囲まれている箇所のみで問題ありません。

項目 設定値 事項
AVD Name MyAVD5.1.1 エミュレータの名前を設定します。
デバイス 4.95″” 1080×1920 xxhdpi Select Hardwareの画面で選択したNexus5が設定されています。
バージョン Android 5.1.1 x86 System Imageの画面で選択したバージョンが設定されています。
Scale 4dp on device = 1px on screen PCのスクリーンに表示されるAndroidエミュレータの大きさを設定します。これは1/4のサイズに設定しています。
Emulated Performance Use Host GPUにチェックが付いている状態 Store a snapshot for faster startupのチェックは外してください。
Menory and Storage 最低512MBを推奨 HAXMのインストール時に設定されていたメモリ量以下の値を設定してください。
Android-Studio-emulator07

正しく設定がされると、以下のような画面が表示されます。項目に「MYAVD5.1.1」が表示されていることを確認してください。

作成したエミュレータは右側の項目から「実行」、「編集」、「削除」などがおこなえます。

Android-Studio-emulator08

1.2.Androidエミュレータの起動

1.AVDマネージャーの起動

Android Studioの上部にある以下の部分をクリックします。

Android-Studio-emulator01

2.エミュレータの開始

起動したいエミュレータを選択します。ここでは2.1の手順で作成した「MYAVD5.1.1」を選択します。以下の矢印をクリックするとエミュレータが起動します。

Android-Studio-emulator09

3.エミュレータの起動

しばらく時間をおくと、以下のような画面が新しいウインドウで開かれます。この画面が表示されるまで数分以上かかる場合があります。極端に遅い(15分以上)場合は、いったんエミュレータを閉じ、再度起動してみましょう。

Android-Studio-emulator10

しばらく経つと、以下のような画面に切り替わります。この画面ではスクリーンロックがかかった状態です。

鍵のアイコンをクリックし、クリックしたまま上に引っ張るようにカーソルを動かすことで、ロックを開場することができます。

Android-Studio-emulator11

正常にエミュレータが起動すると、以下のようなホーム画面が表示されます。

Android-Studio-emulator12

2.3.Androidエミュレータ上へ作成したアプリケーションを実行

1.アプリケーション編集画面から実行をクリック

実行したいアプリケーションの編集画面を開き、以下のボタン(または、メニューから「実行」>「実行 ‘app’」)をクリックします。

Android-Studio-emulator13

2.エミュレータの選択

以下の画面が新しいウインドウで表示されるので、「Choose a running device」と現在動作しているエミュレータ(ここではMyAVD5.1.1)が選択されている状態で「OK(O)」をクリックします。

※エミュレータを実行していない場合は「Launch emulator」を選択し、Android virtual deviceから実行したいエミュレータを選択し、同様に「OK(O)」をクリックします。

Android-Studio-emulator14

3.実行の確認

しばらく時間をおくと、エミュレータ上に作成したアプリケーションが実行されます。

Android-Studio-emulator15

以上で、Androidエミュレータの設定は完了です。

PAGETOP
Copyright © 2015 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.