初心者でもAndroidアプリ開発を1から学習できる1日集中入門セミナー。

3.実機への実行

作成したAndroidアプリケーションをお持ちのAndroid端末上で実行します。

お使いのPCにUSBケーブルで実機を接続し、以下の手順に従って進めてください。

Androidエミュレータ上で実行したい場合は、「2.Androidエミュレータの設定」を確認してください。

実機への実行

1.Androidプロジェクトを開く

まずはAndroid Studioを起動し、実行したいアプリケーションのプロジェクト編集画面を開きます。

Android-running-device01

しばらく時間をおくと、プロジェクト編集画面が表示されます。

Android-running-device02

2.アプリケーションの実行

プロジェクト編集画面上のメニューから「実行(U)」>「実行(U) ‘app’」をクリックします。

Android-running-device03

ここで、端末側の画面に「USBデバッグを許可しますか?」というメッセージが表示されます。「OK」をタップしてください。

Android-running-device04

3.実行するデバイスの選択

Choose Deviceという画面が新しいウインドウで表示されます。

端末をPC側に接続すると、「Choose a running device」のボタンがアクティブになり、下の項目に接続した端末名が表示されます。

ここで、「Choose a running device」を選択し、接続した端末を選択した状態で、「OK(o)」をクリックします。

ここで端末名が表示されない場合は、PC側が端末を正しく認識できていません。もう一度接続しなおすか、WindowsのPCをご使用の場合は「2.PC側の設定」をもう一度おこない、ドライバーをインストールしなおしてください。

Android-running-device05

4.実行の確認

端末の画面が自動で切り替わり、実行したアプリケーションの画面が表示されます。

端末上でアプリケーションが動作していることを確認します。

Android-running-device06

以上で、実機への実行は完了です。

PAGETOP
Copyright © 2015 FusionOne Co.,Ltd. All rights reserved.